top of page
鬼ザラ糖TOP用2.png
白4.png
鬼ザラ糖ロゴマーク「双目糖鬼」

新着​ニュース

2024年1月

店舗販売開始のお知らせ

20240201鬼ザラ糖販売.jpg

2024年1月より、鬼ザラ糖200gパックが、岡常ビル1階のCafé&Connectにて購入できるようになりました。老舗和菓子屋、プロの料理人御用達の鬼ザラ糖を、ぜひご家庭でもお試しください。

【Café&Connect カフェ&コネクト】

〒103-0023 日本橋本町3-1-8 岡常ビル1F

TEL:03-6262-6111

​営業時間:平日7:30~20:00(土日祝休業)

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
鬼ザラ糖

​日本の食に欠かせない、白ザラ糖。

その伝統と技術を守り、開発を重ね、

国内最大の白ザラ糖「鬼ザラ糖®」を作ることに成功しました。

6_006.JPG
Untitled.jpg

おいしさ引き出す

​日本最大粒径

平均粒径3.7mm、日本最大級の結晶体。

ゆっくり時間をかけて溶解し、

素材の風味を引き出します

22412165.png
イメージ画像:鬼ザラ糖
Untitled.jpg

​おいしさ護る

​ショ糖率

ショ糖比率99.9%、極限まで​雑味を取り除いた鬼ザラ糖が、共にする素材の風味を護ります。

22412165.png
引き出す
護る
鬼ザラ糖のポジショニングマップ

​プロユーザーの声

鬼ザラ糖をご利用頂いているお店様、メーカー様へのインタビュー記事を掲載しております。

※インタビュー内容の一部は会員限定コンテンツとなっております。

2024/7 更新
22412165.png
20230919fumi3.JPG
​confiture fumi(コンフィチュール)
地元素材を主役に
​素材に合わせ、10種類の砂糖を使い分け
20230919fumi13.JPG

奈良県吉野にあるコンフィチュールの専門工房。オーナーの東 史(あづま ふみ)さんは、地元食材を中心に「青トマト」「ほおずき」など珍しいコンフィチュールを数多く手掛け、砂糖も数十種類ある中から素材に合うものを吟味しています。地元食材との向き合い方、鬼ザラ糖を始めとする砂糖の使い分けについてお話を伺いました。

22412165.png

​鬼ザラ糖ブランドサイト

会員特典

​Point1

​プロの職人による使用事例

​Point2

​質問やサンプル請求が可能

会員になっていただくことで、鬼ザラ糖の利用者様の生の声が聞けるだけでなく、
より詳細な商品スペックや、個別の質問やサンプル請求、各種レシピ、などのコンテンツがご覧いただけます。
ご登録いただいた上で、御社の声や、御社で行うイベント等の情報を他の会員様に向けて情報発信することも可能です(運営側から記事の依頼をお願いすることがあります)。

鬼ザラ糖のロゴマーク
について

鬼ザラ糖ロゴマーク「双目糖鬼」

鬼ザラ糖のロゴマークは、「良からぬものから食の美味しさを護る」意味を込め、鬼瓦をモチーフとしています。作成にあたっては、実際に職人の手で大きな鬼瓦を仕立て、版画と絵画の技法で手書きして、デザインに起こしました。

古来より鬼瓦とは、姿の見えぬ悪しきものから家や大切な家族、そしてモノを護るため、強大で怖ろしい鬼の力を借りて撥ね退ける意味で置かれた象徴です。

同じように鬼ザラ糖は、単に甘みをつけるものではなく、共にする素材の風味を存分に引き出し、美味しさを護る力を秘めております。

bottom of page